VOICE

01_営業職

name

富澤 和美

length of service

2018年入社

hobby

食べること

インタビュー動画を見る

ダイハツ沼津を選んだ理由

私が就職にあたって第一志望としたのが接客関連の業務であることでした。
お客様と接するという意味では、カーディーラーは何年にもわたってお客様とお付き合いし、人対人としての良好な関係を築いていける仕事。そこに興味と関心を持ってダイハツ沼津を志望しました。数ある車メーカーの中からダイハツを選んだのは、軽自動車で知られるダイハツには女性のお客様が多いことから。そこに女性として大きな魅力を感じたからです。

入社後、自分がどう変化したか

それまではどちらかと言うと、積極的に他人に興味を持つことが少なかったのですが、ダイハツ沼津に入社し、そのお客様にぴったりの提案をするために、生活スタイルやお人柄などをより深く知ろうとしたり、直接お話を聞くことが増えるにつれて、お客様に対して前向きな興味を抱くようになってきました。
お客様から幅広いお話を聞き出せるようになったことで、少しずつではありますがお客様との一対一の関係づくりが上手になってきたなと思っています。

先輩との関係はどうですか

新人の研修を受けたばかりで、実際の仕事の現場に右往左往している私を、先輩方はみんなとても優しく受け入れてくださいました。
初めて出逢うことに戸惑って落ち込んだ時もありましたが、「一緒にご飯を食べに行こう!」と誘ってくれたり、相談を聞いてもらって的確なアドバイスをいただいたりするうちに、自然に毎日の仕事に慣れ親しむことができました。
特にダイハツ沼津に女性スタッフが多かったことが、その頃の私にはとても心強く感じられました。

休日の過ごしかたを
教えてください

音楽を聞くことが大好きなので、ネットやSNS、口コミなどを通じてライブの情報を見つけてあちこちへと出かけたり、また友人たちと食事に行ったりしています。
仕事とプライベートをしっかりと切り分けられるのがダイハツ沼津のいいところなので、自分のお気に入りのOFFタイムを思いのままに楽しく過ごしています。
また社内では同期の友人たちとも仲良くしているので、休日はもちろん仕事終わりに一緒に出かけたりする機会も多いですね。

今の目標

初めて社会人という立場に置かれ、初めての仕事に出逢うのですから、最初は確かに大変なことも戸惑うこともありました。
でもダイハツ沼津には、身心ともに優しく力強くサポートしてくださる先輩たちがたくさんいらっしゃいました。
「必要以上に構えたり力んだりしなくても、自然に頑張ればいいんだ」。そんな風に思えた時、自分もダイハツ沼津の一員になれた気がします。
私も今のこの時の気持ちをいつまでも忘れずに、後輩を支えられる先輩になれるよう成長し、いつか「この仕事を選んで良かった」と思えるような、立派な社員になりたいと思います。