VOICE

02_営業職

name

本多 星哉

length of service

2017年入社

hobby

バスケットボール

インタビュー動画を見る

仕事のやりがいや嬉しかったことは?

自分の情熱の原動力となっているのは、やはりお客様の笑顔と、「ありがとう!」という言葉ですね。
お客様により良いカーライフを送っていただけるよう、車のプロの立場から適切なアドバイスをさせていただき、それが納車時のお客様からの笑顔につながるというのが、私の理想の仕事のスタイルです。
いくつものやりとりを経て、お客様から嬉しそうな笑顔で感謝の言葉を伝えられると、自分のした仕事に対する達成感と充実感をもらえますし、またそれが次の仕事へと向かうエネルギーにつながっていくんです。

働く上で心がけていることや
大切にしていることは?

私たちは車の専門家であると同時に、接客のプロでもあると思っています。
最終的にはダイハツ沼津を気に入っていただき、車をお買い上げいただくことが目的なのですが、そのためにもまずはお客様と親しく、仲良くならなければいけません。
お客様に納得・満足していただくための最初の一歩として、車の知識や情報などをていねいにご提供するのはもちろん、お客様がご来店された時の店舗への第一印象、空間の居心地の良さ、真心が伝わるおもてなしなど、車以外の面でも総合的に満足していただけるような、そんな接客をめざしています。

職場環境は?

「仕事とプライベートのメリハリがある職場」。それが私の感じるダイハツ沼津の姿です。
仕事では、店舗全体を良くすることをスタッフ全員の共通目標として、営業・サービス・事務など職種を問わず、一人ひとりがみんな高い意識を持ってそれぞれの仕事に取り組んでいます。
その一方、プライベートでの飲み会などでは、先輩後輩の壁なども一切なく、みんな「同じ仲間」として気さくに語り合ったり楽しんだりできる空気感があります。

休日の過ごしかたを
教えてください

休日は家族と一緒に過ごすことが多いですね。まだ幼い息子の元気な顔を見ていると、一週間の疲れも吹き飛んでいきます。
また時には趣味のバスケットボールをプレイすることも…。
たまにはカラダを動かして汗をかかないと健康を保つことができませんから、家族のためにも少しだけ健康へのケアについて意識しています。

就活生のみなさんへ一言

仕事とは突き詰めて言えば働いてお金をもらうことですから、もちろん楽なことばかりではありません。
そんな中で、どれだけ自分自身が充実感や達成感などの喜びを得られるかが、よい仕事かどうかを決める基準なのだと思います。
ダイハツ沼津は、日々の仕事のやりがいや、自分が掲げた目標を達成した時の満足感が満ちている魅力いっぱいの職場です。
ぜひ私たちと一緒に働きましょう!あなたの仲間入りを心から待っています。