VOICE

07_店舗事務

name

渡辺 里衣菜

length of service

2017年入社

hobby

ピアノ

インタビュー動画を見る

仕事のやりがいや嬉しかったことは?

私は、専任のお客様を持たない事務担当なのですが、それでもご来店されるお客様が、私の顔と名前を覚えてくださっているケースが多いんです。
さほど長い時間のやりとりをしていない方々にも、自分のことを覚えてもらえている…。そこには、ジワジワと嬉しさがこみ上げてきて、思わず頬が緩んでしまうような喜びがあります。
ダイハツ沼津のお客様方には本当に良い方が多いので、多くのお客様と、車を始めとするいろんなお話ができることを楽しみにしている毎日です。

働く上で心がけていることや、
大切にしていることは?

「ダイハツ富士宮店を好きになってもらいたい」。それが私の心がけていることです。
そのためにはまずお客様に「また来たい」と思っていただくことが何よりも大切ですから、少しの待ち時間にも退屈しないように、例えば雑誌類の場所をご案内したり、お連れのお子さまを細やかに気配ったり、またお飲物が減っていたらすぐにお声をかけたりと、お客様おひとりおひとりを心から大切に想い、つねに丁寧に接客することを強く意識しています。

職場環境は?

「車のディーラーだから男性社会なんだろうな」。入社する前は、正直そんな風に想い描いていたのですが、いざ入社してみたら、想像以上に女性スタッフが多いことに驚かされました。
ダイハツ沼津は軽自動車を主体に扱っているため、女性のお客様がとても多いことを目の当たりにして、思わず「なるほど!」と頷きました。
しかもそんな女性スタッフの先輩たちは誰もがみなイキイキと活躍していらっしゃるので、女性の後輩の一人として本当に心強く感じたことを覚えています。

休日の過ごしかたを
教えてください

私はディズニーが大好きなので、時間を見つけてはテーマパークに出かけてリフレッシュしています。日々一生懸命頑張っている自分へのご褒美ですね!
そんな私にとって、平日に休めるというのがカーディーラーで働いていることの最大の特権!
他の業種で働いている友人たちの話を聞くと、世間でも話題になるほどの土日の大混雑にも遭遇することなく、一日中悠々とテーマパークを満喫できる自分は、「やっぱり恵まれているな」と思います。

今の目標

多くの女性と同じように、私も就活の段階では、車の知識を何も持っていませんでした。
でも入社後にしっかりとした研修を受けてみて、初心者でも何の心配もいらないことが改めて実感できました。
もちろん少しでも車に興味のある方であれば、なおいっそう知識の習得も早くなります。
「ディーラーは車のマニアが行く職場」という印象は、まったくの思い込み。それは私が自分の経験から断言できます。
車の知識がなくても何も問題はありません。「仲間と一緒に楽しく働きたい」と思っているのなら、ぜひ私たちと一緒にダイハツを盛り上げていきましょう!